[幼児向け]ボウルとざるを使ってごはんを炊こう

      2016/03/05

ごはんさえあれば、あとはふりかけでも、海苔でも、漬物でも、ちょっとしたおかずでも、レトルトのカレーでも立派な一食になります。こどもにも、まずはごはんが一人で炊けるよう教えてやると良いでしょう。

炊飯器を使えば誰でも炊けますが、炊飯釜の中で米を研げるようになるのは小学生くらいから。幼児のときはボウルとざるをうまく使いましょう。

最初はボウルとざるをつかう

こどもがごはんを炊くときは、目が細かめのざるとボウルを使うと上手にできます。このように、大きさが同じで重ねられるものだと便利です。

米とざるとボウル

お米を計量カップからざるにあけます。

ざるに米を出す

ボウルに重ねたざるに米を入れ、上から水をザーッと入れます

米を研ぐ(水をいれる)

ざっとひと混ぜして、ざるを上げます。(ボウルは水がはいったまま隣によけておきます)

米を研ぐ

ざるの中の米を手でぐるぐるかき混ぜるようにします。

米を研ぐ

よけておいたボウルにざぶんとざるごとつけて、水の中でぐるぐるすると、水が白く濁ります。

水につける

ざるをもう一度上げて、ボウルにたまっている濁った水を捨てます。

水を捨てる

これを2~3回繰り返すと、水につけたとき白く濁らなくなります。こうなれば、もう研がなくて良いです。

水が澄む

ざるを上げて、お米を炊飯の釜にうつします。

炊飯釜にうつす

水加減をして、炊飯器で炊きます。

水を入れる

 - いちばん基本 , ,